レシピ2 育毛実践

シャンプーをする時、髪の触り方から変えると抜け毛が減る理由。

2020/03/15

新しく生えて来た毛(新生毛)をいかに抜かずにシャンプーするかが育毛の根底だと私が考えます。

これから、解説するのが(生えてきたあかちゃんの毛)新生毛を抜かない洗い方です。

新生毛を抜かない洗い方

私たちが、従来していた、あるいは美容室や床屋さんで行っている、シャンプーのやり方ではまずダメです。

爪の先を、地肌にあててガシガシ洗ってはいけません。

1.シャンプー前のお湯の流し方

シャンプー前に髪を濡らしますが、この時も髪を引っ張らないように優しく お湯の流れに逆らわずに流します。

これだけで、髪表面についた大半の髪の汚れは落ちているとも言われています。

2. 重要なのは頭皮の洗い方

髪を洗うのではなく、髪をマッサージする感覚で髪を洗います。

1. シャンプーを500円玉くらいの量を手のひらに乗せます。

2.両手に広げたシャンプーを髪に着け泡立てていきます。

ここからが重要!

このとき、指の先(爪)を地肌にけしてあててはいけません。

けしてですよ! 爪をあてて洗うと、髪の地肌を傷つけるだけではなく、新しくは生えて来た新生毛を掻き落として抜いてしまう事になります。

髪の洗い方は、やさしすぎず、激しすぎずの感覚で洗います。
%e6%8c%87%e3%81%ae%e8%85%b9-1

『髪に触れる時の指の図』

まとめ

地肌に、決して、爪を立ててはいけません。

地肌に爪の固さが負けてしまい、傷がつきせっかく新しく生えて来た新生毛を抜いてしまう恐れがある為です。


-レシピ2 育毛実践