レシピ1 髪を生やす準備

髪に悪い事を全て断ち切り髪を生えやすくする

2017/09/26

育毛をしているから,もう大丈夫!という考えは改めましょう!

目次

1. タバコは血流も悪くしてしまい、体にも良くないですが、当然
髪にも良くありません。出来るだけ減らして、吸わないようにする
ほうが良いでしょう。

2. お酒や、香辛料の刺激の強いもの。コーヒーなどもなるべく、控えめに
心がけましょう! しかし、ガマンする事がストレスになってしまうと
逆効果なので、ほどほどが良いという事です。

3. 毎日、バランスの良い食事、偏食をしないように心がけましょう。

4. ヘアースタイルにこりすぎない。。
ヘアースプレーをかけて髪をガチガチに固定したり、ドライヤーでスタイルを
固めるため長時間、頭皮に、熱風をあてるのは禁物です。

5. 自分にあった、適切なシャンプーを使う事。

6. パーマをしない。。
おしゃれな方には厳しいですが、パーマをされた事がある方は分かると思いますが
匂いのきつい、パーマ液を髪に塗り、無理にカーラーで引っぱり、長時間
ビニールをかぶせて、ドライヤーで乾燥させます。。。
美容液や機材も昔からすると、良くなっていると思われますが、パーマは
をとるか!
育毛をとるか!どちらか決断してください!

7.ヘアカラーをしない。。
これもおしゃれなあなたにはきびしいですね。
ヘアカラーもパーマと同様髪にダメージを与えるだけ
でなく、地肌にも悪いです。。毛穴にも残りますし。
厳しいようですが、おしゃれをとるか育毛をとる
かくらいの覚悟で臨んでください。

8. これは、何にでも言える事ですが、ストレスはためない!
神経質になると、かえって逆効果です。
気軽に考えましょう!

9.これは、出来る方のみで、構いませんが、育毛中はカットは自分でしましょう。
美容室や床屋で散髪をすると、カット後シャンプで髪を洗います。
この時に、今まで、せっかく育毛してきた髪を抜かれてしまう危険があります。
爪で、ゴシゴシやられて、「かゆいところはないですか〜。。』
あれは気持ちいいですけどね。。
洗髪しない美容室。それか、マイシャンプーで、自分で洗わせてくれる美容室ならO.K
です。

 

あとがき

以上、とても厳しすぎる条件と考えた方もいらっしゃるでしょう!

すべては、出来なくても、上の何かを1つでもガマン(犠牲)にしてでも、髪を増やしてみせるという

育毛に対する心構えで臨んでください。


-レシピ1 髪を生やす準備